常識的に考えておれたちはじまっただろ

ネタはネタであると見抜ける人でないと(このブログの文章を理解するのは)難しい

サービス

2020年利用サービス振り返り

簡単に振り返ってみます。

◆You Tube
毎日見ていて、今では登録チャンネル数が50を超えています。
内容としてはおっさんが一人で喋っているチャンネルが多いです。
勉強にも役立つ一方、ダラダラ見て時間を浪費することもしばしばなので、そこは課題です。

◆ニコニコ動画
ほとんど見ませんでした。
サービスが色々改善されていってはいるのですが、過去の情熱が戻るには至らず……。
とはいえ、何らかのきっかけで突然プレミアム会員復帰の可能性も全然あります。

◆dアニメストア
使う時と使わない時の差が激しいです。
5月まではそれなりに使っていましたが、6月以降は全然でした。
とはいえ、このようなアニメ特化のサービスがあるのはありがたいため、継続して課金していきます。
本日時点で70ヶ月継続しています。

◆Annict
アニメはほぼdアニメストアで見ているため、使用タイミングもほぼ一緒です。
映画の場合も「記録」があることに最近気付きました。
今まではステータスを「見た」に変更するしかしていませんでした。
今後は映画も記録及びTwitterに投稿していこうと思います。

◆Amazon
依然として通販の主力。
電子書籍(活字本)を買ってKindle Paperwhiteで読んでもいます。
プライムビデオは映画やドラマ視聴用。
Netflixにも興味はあるのですが、現状プライムビデオとdアニメストアでお腹いっぱいのため、使用を見送っています。

◆ブックウォーカー
電子書籍(マンガ)のメインとして使っています。
月ごとに使用した金額によってランクが変わり、ランクによって還元率アップあり。
電子書籍(マンガ)はブックウォーカーで買って、iPadで読んでいます。

◆DLsite
DL同人の主力として使い続けています。
お金は気にせずに好きに作品を買っていますが、月に使っている金額の平均を出してみると、2,500円程度で、意外と使っていません。
今年はお知らせメール廃止が痛く、新着作品のチェックが面倒になってしまいました。
最近はクーポンの乱発が激しい印象があります。

◆FANZA
今では使わなくなってしまい、ブラウザのブックマークから削除しました。

◆pixiv
ほとんど見ませんでした。
Twitterを見ていてもけしからんイラストは十分に流れてくるしな!

◆Twitter
自身のつぶやきは少なめですが、毎日見てはいます。
利用方針として、コロナや揉め事の話題についてはなるべく言及したりRTしたりしないように心がけています。
Twitterに限りませんが、有益な情報が手に入るかどうかと自分が楽しいかどうかが大事です。

◆livedoorBlog
2020年に更新したのは十数回程度。
私の観測範囲では、ブログをコンスタントに更新している人は少なくなってしまいました。
書いても見返さないし書いてる内容はバラバラだしアクセスもほとんどないし周りはみんな更新しなくなってるしで、更新のモチベーションは厳しいものがありますね。
ごちゃごちゃ考えているよりも、がむしゃらにやってた方が見えてくるものがあるかも。

◆Scrapbox
考えたことのメモとしての役割はEvernoteからこちらに移行しました。
テキスト書き殴ってるだけなんで、記法とかリンクとかは使いこなせてないです。

◆Evernote
上記の通り、考えたことのメモとしての役割はScrapboxへ。
こちらはWebクリッパーとしてのみの使用になりそうです。

◆Tumblr
例年通り、地味に更新し続けています。
サービスが終了しない限りは使っていくつもりです。
フォロワーは1,700を超えました。

◆はてなブックマーク
ほぼ毎日使っています。
淡々と無言で共有したい情報をブックマークしています。
コメントはほぼつけておらず、はてなスターをくれるのは昔から仲の良い人かスパムだけです。
スパムは鬱陶しいので消えて欲しい。

◆Googleドライブ
主にスプレッドシートを使用しています。
容量は10GB以上余裕がありますが、もし余裕がなくなったら課金するつもりです。

◆Dropbox
戦力外通告。
昨年までは課金していたのですが、2TBは私には多すぎ、料金も高すぎました。

◆Googleカレンダー
必須ツールです。
スケジュールの編集が容易なのと検索が可能なのは助かります。
これがあるおかげで、社会人になってから紙の手帳やカレンダーを買ったことはないです。

◆inoreader
PROプランを契約し、毎日使っています。
私としてはTwitter等ではフィードリーダーの代わりにならず、依然として情報チェックの必須ツールです。
金払ってフィードリーダーを使っている人って、今どれくらいいるんだろう?
有料でいいからLDRには残っていてほしかった。

◆Instagram
主に花の写真を投稿しています。
7月まではそれなりに投稿しており、目標としていたトータル600投稿にも到達しました。
夏は猛暑+マスクが苦痛で外出頻度が減ったことから、あわせて写真を撮る機会やインスタへの投稿も減少してしまい、熱が冷めてしまいました。
秋以降も冷めた状態が続いてしまっています。

2020年のAmazon注文回数

まだ12/30ですが、おそらく今日明日では注文しないので締めてしまいましょう。
88回でした。

「なるべくまとめて注文」「電子書籍(マンガ)はブックウォーカーに移行」という数年前からの方針変更により、年間注文回数三桁が当たり前!なのは過去の話となってしまいました。

とはいえ、私が利用する通販の中では依然として使用頻度トップです。
体感ではAmazonが8割、その他2割(ヨドバシ、ロハコ、晴れる屋等)といったところ。
Amazonゴールドクレカ及びプライム会員は今後も継続していきます。




1300個入りカラースターBOXを購入しました

EootpCrVEAAYhtb

10,000円を投じ、はてなスターカラースターショップの中で最も高価なBOXを購入しました。
入っていたスターは画像の通り。
文でも書いておくと、グリーン883個、レッド360個、ブルー52個、パープル5個です。

パープルは初めて見ましたね。
今までにも110個入りBOXを何度か買ったことがありますが、見たことありません。
調べてみると、入手方法が限られているレアスターのようです。
ここぞという時に使っていきたいと思います。

ちなみに、はてなスターBOXの購入のきっかけはTwitterフォロワーからの煽りです。
冬季賞与0.6ヶ月の人に対して消費を強要してくるとは怖いですね。

Amazonのおすすめ商品

Amazonのおすすめ商品のUIが変わってからというもの、見る機会もポチる機会も減りました。
いつからだったかはっきりと覚えていませんが、少なくとも変わってから1年以上は経ってると思います。


以前は様々なカテゴリのものが一緒に表示されていて、良くも悪くもカオスな状態でした。
分類といえば、発売中のものと発売予定のもので分かれているくらいで。
だが、それが良かった。
とりあえず暇があれば見ていましたし、良さそうな商品を見つけてポチることもありましたね。

今(マイストア→お客様へのおすすめ)の方がカテゴリが細分化されて、きっちりとはしているんですよね。
だけど、細かく分かれすぎていて多すぎますね。
いちいち見るのが面倒になってしまいました。
無駄遣い(?)が減ったのである意味良かったんだろうか。

一応トップにも「ほしい物リストからのおすすめ」「Kindleストアのおすすめ商品」「お客様におすすめのニューリリース」とかはあるんだけど、クリックしてみないと品名や価格がわからないですね。

2019年のAmazon注文回数

88回でした。
2012年以来の二桁です。
2013年以降は三桁が当たり前だっただけに、まさかの結果。
Amazonゴールドクレカユーザーやぞ?

注文回数減少の背景としては、「月に1回程度開催されているタイムセール祭りにあわせてまとめ買いすることが増えた」「食品や日用品が買いにくくなっており、他の通販利用が増えた」「電子書籍(マンガ)をブックウォーカーに移行し始めた」ことが挙げられると思います。


◆タイムセール祭りにあわせてまとめ買い
とは言うものの、実際はタイムセール祭りのセール対象品は全くと言っていいほど買っていません。
同時に行われるポイントアップキャンペーンが目的です。
同キャンペーンの条件が10,000円以上の買い物なので、テンプレリピート品なんかはチマチマ買わずにこの機会を利用してまとめ買いしています。
以前は必要になったら都度手配していました。

◆他の通販利用が増えた
少なくとも私の観測範囲では、Amazonの食品や日用品についての使い勝手はどんどん悪化しています。
具体的には「在庫がない」「パントリー専用」「あわせ買い対象」「本来は1個から買えていたものにMOQがつく」など。
このような状況ではAmazon一本というのは厳しく、他の通販にも頼らざるを得ません。
未だにAmazonメインは揺らいでいないものの、代わりにヨドバシ・ドット・コムやロハコで手配する機会が増えてきていますね。
あと、スポンサープロダクトがうざい。

◆電子書籍(マンガ)をブックウォーカーに移行
ブックウォーカーだと買っている作品の新刊情報が通知されて便利です。
昔と違って今では小学館のマンガもあるし、基本的には新規はブックウォーカーで買うようになりましたね。
ただし、あくまでマンガのみで、活字本はKindleのまま変わりありません。
記事検索
自分を売る

ランカー・リー

某氏軍団1のいやらし系にしてレジェンドクラスのフィードクズ(大嘘)ネットを見ながらスターやハートをつける仕事をしています。株式投資歴X年一応現役底辺個人投資家。

月別アーカイブ
管理人厳選!同人マスト買い10アイテム
魔天使サクラの冒険 全編セットパッケージ もんむす・くえすと!終章 〜負ければ妖女に犯される〜 サキュバスメイズ うごく戦うCG集 魔獣士の旅 サキュバスプリズン〜淫魔の巣食う一軒家〜 植物お姉さんからは逃げられないっ かじょう愛され拘束2-水月娘の触手に愛され蝕まれる意識- マイマイ娘の苗床産卵淫語 モンスター娘百覧Vol.1
  • ライブドアブログ