88回でした。
2012年以来の二桁です。
2013年以降は三桁が当たり前だっただけに、まさかの結果。
Amazonゴールドクレカユーザーやぞ?

注文回数減少の背景としては、「月に1回程度開催されているタイムセール祭りにあわせてまとめ買いすることが増えた」「食品や日用品が買いにくくなっており、他の通販利用が増えた」「電子書籍(マンガ)をブックウォーカーに移行し始めた」ことが挙げられると思います。


◆タイムセール祭りにあわせてまとめ買い
とは言うものの、実際はタイムセール祭りのセール対象品は全くと言っていいほど買っていません。
同時に行われるポイントアップキャンペーンが目的です。
同キャンペーンの条件が10,000円以上の買い物なので、テンプレリピート品なんかはチマチマ買わずにこの機会を利用してまとめ買いしています。
以前は必要になったら都度手配していました。

◆他の通販利用が増えた
少なくとも私の観測範囲では、Amazonの食品や日用品についての使い勝手はどんどん悪化しています。
具体的には「在庫がない」「パントリー専用」「あわせ買い対象」「本来は1個から買えていたものにMOQがつく」など。
このような状況ではAmazon一本というのは厳しく、他の通販にも頼らざるを得ません。
未だにAmazonメインは揺らいでいないものの、代わりにヨドバシ・ドット・コムやロハコで手配する機会が増えてきていますね。
あと、スポンサープロダクトがうざい。

◆電子書籍(マンガ)をブックウォーカーに移行
ブックウォーカーだと買っている作品の新刊情報が通知されて便利です。
昔と違って今では小学館のマンガもあるし、基本的には新規はブックウォーカーで買うようになりましたね。
ただし、あくまでマンガのみで、活字本はKindleのまま変わりありません。