社会人になってからはほとんどアニメを見ていなかったのですが、2018年はアニメ視聴が急増しました。

きっかけとなったのはゲゲゲの鬼太郎6期のスタートですね。
子供の頃に2期や3期のビデオを見て育っており、6期スタートと聞いたときは見てみたくなりました。
鬼太郎の視聴をきっかけに他作品へも視聴意欲が波及していった形です。
元々コミックを買っていたはたらく細胞や中間管理録トネガワがアニメ化されたり、10月からはdアニメストアで遊☆戯☆王5D’sの配信が開始されたりといった追い風もありました。

アニメの視聴スタイルとしては、ほぼVOD(dアニメストア、プライムビデオ)です。
リアルタイムで見ているのはレイトンと鬼太郎くらい。
録画は全くせず、円盤も買っていません。VOD依存が顕著ですね。
月額数百円で録画・レンタルの手間がかからず物理的にかさばることもないとか便利スギィ!!

VODだと最新話を視聴可能なスピードは劣りますし、なんでも見られるわけではありませんが、ライトユーザーなのでこれで十分です。悪意のあるものでなければ、SNSでのネタバレも気にしません。

視聴後はAnnictというサービスで記録しています。

↓2018年に主に見ている、見ていたもの

・ゲゲゲの鬼太郎(6期)
・レイトン ミステリー探偵社 〜カトリーのナゾトキファイル〜
・はたらく細胞
・中間管理録トネガワ
・ゴブリンスレイヤー
・SSSS.GRIDMAN
・遊☆戯☆王5D’s


ゴブリンスレイヤー (GA文庫)
蝸牛 くも
SBクリエイティブ
2016-02-25